京都市で仕事探しをしたい薬剤師が知っておきたい求人事情

薬剤師10

京都市で仕事を探している薬剤師は、求人事情を理解しておくと役に立ちます。転職するときにも復職や再就職をするときにも、求人の動向を知っていることで方針を立てやすくなります。どのような求人が多くて、どんな探し方をするのが良いのかについて詳しく説明するので、より魅力的な仕事を探し出せるようになりましょう。

⇒茨城で選べる薬剤師求人の種類と特徴を理解しよう

京都市で多い求人の種類と特徴

京都市の薬剤師求人では全体として見ると調剤薬局が多くなっています。全国的に見ても調剤薬局からの募集が多い地域がほとんどなので標準的な傾向があることがわかります。京都市には大小の病院があることに加え、クリニックも各地にたくさんあるため、周囲に調剤薬局がたくさんあるのが募集が豊富な理由です。

観光地としても人気があるものの、昔から住宅街としても繁栄してきた歴史があるので、調剤薬局の需要が高くなっています。その需要に比べて薬剤師が不足気味になっていることから求人は常にたくさん出されているのが実態です。

人材確保のために勤務日数や勤務時間を緩和した求人が多いのが特徴で、フルタイムでなくとも正社員として働くことができます。一方、京都市ではドラッグストアからの求人も目立ちます。医薬品だけでなく食品や衛生用品なども一通り手に入るドラッグストアは消費社会において高い人気があり、住宅街が広がる京都市では大手から中小までかなりの数の店舗があります。

調剤をするドラッグストアでは薬剤師を調剤の担当者として雇っているケースが多い一方、調剤をしていないドラッグストアでは管理薬剤師としての活躍を期待しているのが通例です。どちらの場合にも医薬品の在庫管理は仕事となる場合が多くなっています。

責任が大きいので待遇も高めになっている傾向があり、昇進の機会もあるなど魅力が大きいのがドラッグストアの求人です。

⇒ドラッグストアの薬剤師求人にはどのような魅力があるのか

病院からの求人の動向

調剤薬局やドラッグストアからの求人が目立つのは京都市の特徴ですが、薬剤師が職能を活かして働いている現場として病院もよく知られています。京都市では病院からの求人はないのかが気にかかる人もいるでしょう。病院薬剤師はもともと人気が高く、ずっと継続して働いている人が多いのが特徴です。

そのため、中途採用で募集をしていることが少なく、あまり数は多くないというのが実態です。調剤薬局やドラッグストアに比べるとそもそも数が少ないので求人の数では劣ってしまうことは否めません。

ただ、需要があるのは事実で、常に数件の求人が公開されている状況があります。

希望すれば病院で働くこともできると考えておくと良いでしょう。

経験の有無に関する求人の実態

求人を探すときに気を付けなければならないのが経験の有無に関する要求です。キャリアを活かして転職したいという人の場合には特に問題はありませんが、これから初めて薬剤師として働きたい、あるいは違う種類の職場を選んで転職したいといったときには重要になります。

一般的には中途採用では即戦力を採用することを目指しているので、経験がないとなかなか採用してもらえません。しかし、専門職の場合にはしばしば経験がなくても資格や知識があれば採用するということもあります。京都市における薬剤師の求人では全体的な傾向として未経験者も歓迎する主旨のものが多くなっています。

薬剤師が不足している現場が多いのが原因で、未経験者でも薬剤師の資格があるなら迎え入れて育てようという傾向が強いのです。そのため、直近に薬剤師として働いた経験がなくとも、ブランクを持っているだけの人は高い評価を受けられるのが一般的です。

ブランク支援体制も整えられている現場もあり、就業する立場としても安心できるでしょう。

今の状況に応じた探し方の選択肢

薬剤師12

京都市で薬剤師の求人を探すときにはどのような探し方の選択肢があるのでしょうか。探し方として選べるのは求人サイトや求人誌を使用する方法、エージェントを活用する方法、ハローワークを使う方法の三種類です。ただ、今の状況によっては使えない選択肢があるので注意しましょう。

例えば、在職中の場合にはハローワークは利用することができません。失業している人のために就業を支援するのが目的で行われている公的サービスだからです。在職中の人がハローワークを使いたい場合にはまず退職することが必要で、在職中にできるのは求人を検索して内容を確認するところまでです。

エージェントは在職中でも失業中でも利用することができるので安心です。求人サイトや求人誌についても同様ですが、注意しておかなければならない点もあります。在職中の場合は退職に時間がかかると懸念されてしまうため、すぐにでも薬剤師を確保しなければならない喫緊の状況にあるところからは採用を見送られてしまうリスクがあるのです。

ただ、数ヶ月待ってでも採用したいという姿勢を示してくれることもあるので、応募先による違いが大きいという認識を持っておきましょう。

最終的に選ぶときのポイント

求人状況に基づいて考えて、魅力的な求人を探し出したら応募するというのが基本的な流れですが、実際に探してみると甲乙つけがたい求人がいくつも見つかることがあります。完全に同じ内容ではないものの、こちらの方が給料が高いけれど仕事が忙しそう、あちらの方が給料は安いけれど残業がなさそうなどといった形で決め難い候補はよく出てきます。

京都市では薬剤師の獲得のために他社の求人を見て差別化をしようとしている企業も多くなっているため、このような状況が顕著になっているのが実態です。最終的にどこに応募すべきかで悩んだら、まずは一つに絞り込まずに一通り応募して面接だけでも受けてみましょう。

面接を通して得られる情報も多いので比較するときに重要な情報が手に入ることもあります。職場を見学したり、同僚と話をする機会を設けてくれたりすることも珍しくありません。面接を通して最も魅力を感じたところに入社するというスタンスで気軽に申し込んでみるようにしましょう。

京都市の状況に基づいて求人を探そう

京都市では調剤薬局とドラッグストアの求人の数が多いですが、病院からの求人もあります。薬剤師の需要が高い地域になっているので働きやすい待遇の求人を見つけやすいです。このような京都市の事情を理解した上で適切な探し方で求人の候補を見つけていきましょう。

そして、気になった求人には応募して面接を通して最終決定をするのが良い方法です。